メトロイドプライムバイオニクル

アクセスカウンタ

zoom RSS メトロイドプライムバイオニクル〜ロブド・クリスタル〜 第百十八話

<<   作成日時 : 2011/02/20 17:08   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

メトロイドプライムバイオニクル〜ロブド・クリスタル〜



第百十八話 《忌まわしき過去  父を失ったあの日》





タタタタタッ!




キュルルッ


ドック・オク「んっ!」




ドック・オク「はぁっ!」


ギュウンッ!


バッ!


ドック・オク「!!!」




ダッ!


ドック・オク「…」




タタタタッ!


ドック・オク「なっ アイツっ!」




ドック・オク「逃げる気かっ!」


キュルルッ




タタタタタッ!


ヌジュ「マトロっ! マトロっ!」




キュルルーーッ!!!




ガシッ!


ヌジュ「なっ!?」




キュルンッ!


ヌジュ「ぬわぁぁーっ!!!」


ドガァァァンッ!!!




ドック・オク「この私から逃げられると思うな!」




ヌジュ「くっ…」




バッ


スッ




ドック・オク「!」


キュルルッ!




ヌジュ「アタッチメント・オブ・スノォォーーッ!!!


キュインッ! ガキィィーーン!!!




キュイィィィンッ!!!


ドック・オク「なっ何だ!?」




タタタタッ!


カァァーンッ


ヌジュ「アイス・ロックーーッ!!!




カチィンッ!!!


ドック・オク「くっ!動かっ…」




バッ!


ヌジュ「パターナル…」




ドック・オク「!!!」




ヌジュ「リゾリューショォォンッ!!!」


ゴォヲンッ!!!


ドック・オク「ぐわぁぁぁぁーっ!!!」


ドガァァァンッ!!!




ガランッ… ゴロンッ…




ドガァンッ!!!







ヌジュ「…今のうちだ」




タタタタタッ




………




ドガァァーンッ!!!




キュルルッ!




ビュゥゥーッ


ヌジュ「マトローっ!マトローっ!」




マトロ「父ちゃん?」


ヌジュ「マトロっ!」


マトロ「おかっ…」




ザッ


ヌジュ「いいかマトロ、父ちゃんの言うことをよく聞け!」


マトロ「えっ…」




バッ


ヌジュ「それが氷源石だ!それを持って急いで山を降りろ!
下に着いたら人を呼べ、落ち着いたら父ちゃんの机の一番左下の引き出しを調べろ!つまり3段目の裏底だ!いいな!」


マトロ「えっ?いやっ…」




ヌジュ「それから……」




ヌジュ「いや、いいっ!」


バッ!


マトロ「えっ!?父ちゃん!?」




ヌジュ「いけぇぇぇーーっ!!!」


バコンッ!!!


マトロ「うわぁぁぁ〜〜っ!!!」




マトロ「父ちゃぁぁ〜〜んっ!!!」









それが……




親父との、最後の会話だった…




ふもとに着いた俺は急いで救助隊に連絡した
子供ながら、親父の身に危険が迫っているのを感じていたから











数日後、懸命な捜索が続けられ、親父は発見された…





















変わり果てた姿で…




親父の遺体には、胸元にかけて激しい破損が見られたが、遺体発見時の状況から、遺跡の落盤事故による事故死と判断され、この事件は終わりを迎えた









ビュゥゥーッ


マトロ「父ちゃん…俺、もっといろんなこと教えてほしかった
父ちゃん、研究者のくせに強いから、バウンティハンターになるために、もっともっといろんな技教えてほしかった!」




マトロ「…まだ3つしか教えてもらってないよ?父ちゃん…」






マトロ「…なんで……」




マトロ「…なんで動いてくんないんだよっ…」




マトロ「父ちゃぁぁぁ〜んっ!!!」


ビュゥゥーッ







その後、例の机から親父の手紙が見つかった




マトロ、これを読んでいるということは、父ちゃんの身に何かあったのかもしれない  その時は、ごめんな
だが同時に、お前は氷源石を持っているはずだ
アイスブレードの型ができているのは知っているだろう、設計図を同封するからお前の手でアイスブレードを完成させるんだ
そしたらそれはお前のものとして使っていい、父ちゃんからのプレゼントだ
それから、父ちゃんはお前がバウンティハンターとして生きていくことを認める、その代わり次の3つのことを守ってほしい


1つ、これを読んでいる時まだ研究所にいるなら、アイスブレードを持って急いでそこを出るんだ
そして二度と戻ってこないと誓ってほしい


1つ、アイスブレードはこの先、肌身離さず持っていてほしい
それをお前が持つことが父ちゃん達が生きてきた意味そのものだから
そうしてお前はたくさんの人たちの想いを背に生まれてきた子なんだ
でも、バウンティハンターにならなくてもいい、お前の好きなように自由にしてていい
だから、最後に1つ…















ただ、生きていてほしい








それから俺は、同封された設計図を元に…










アイスブレードを完成させた






次回予告



第百十九話 『忌まわしき過去  務めを果たす氷の一族』



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すいません。今回でマトロの過去編終わると思ったんですが、終わりませんでした。
無理やり詰め込もうとすれば終わったんですが、そこは描写の関係上、次回にまわさせていただきました。
徐々に明かされていくマトロの過去。個人的には早くヌパルーの過去編をやりたいです。
yu-hi
2011/02/20 17:13
アイスブレードに関してこんな過去があったんですね。
ヌパルーの過去編も気になります!
カタストロ
2011/02/27 09:53
アイスブレードの過去はすごい奥深い話なんですね。
カメ
2011/03/06 09:25
ドック オクの作り方教えてください、宜しくお願いします

2012/06/09 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
メトロイドプライムバイオニクル〜ロブド・クリスタル〜 第百十八話 メトロイドプライムバイオニクル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる